思い出の最近のブログ記事

ひとつの例

| トラックバック(0)

ありふれた初心者用のFX投資の本では「差損が生じた時はナンピン買いして、ポジションの平均を価格を抑える事ができる」等助言されていたりしますが、現実的にはこれには落とし穴が待っています。

 

まずは、ナンピンの仕組みに関して易しく記述します。

ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。

 

ドル買いということで、円安ドル高になればなるほど黒字が出るわけだが、不幸にして95円まで円高ドル安方向に向ったとします。

 

このままの状態で持ち続けたとしたら損失が回復するまでには損失分円安が進まなければならない。

 

投資家であれば、赤字は早く戻したいと願います。

 

この状況を変えるため最初に売買したのと同額の$(ドル)を、買います。

 

それで、ポジション全体の買い付け単価は1ドル=97.50円まで下げることができます言い換えると、2.50円の幅でドル高が進めば損を回復できる。

 

こういったことがナンピン買いの理論です。

 

このように、ナンピンの理論をみると「納得だ」という気分になるが、為替相場はそう易々と思った通りにはなりません。

 

1ドル95円が底だということなど、想像できません。

 

たとえば、為替相場が相当に強い円高ドル安傾向であれば95円では止まることなく、さらに一層円高ドル安が進む可能性がある。

 

例として、97.50円でナンピン買いをするとしても95円までドル安になったらナンピンしたポジションにも為替差損が生まれます。

 

そういう状態では初めに保有したポジションと全部でより大きな損失を被ることになる。

 

このように、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

 

それなら、為替が己のシナリオとは別の方向にさっさと向う場合どういった術で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

 

こういう状態で選ぶべき方法は2つしかありません。

 

ひとつめは観念して、損切りをすること。

 

別の方法としてはその段階で、自分自身が所有している買いポジションを縮小することで、為替が回復するのを待つことだけです。

 

ちょっと消極的な術だと感じる人もいるでしょう。

 

だが、自分の持っているポジションに為替差損が出た時適切な方法はそれ以外にはありません。

 

ロジックとしてはナンピンをするという方法も有効です。

 

だけどナンピン買いは、あなたが損失を披っている状態にもかかわらず買いポジションを減少させるどころか逆にポジションを積み重ねていく手法です。

 

この方法では、危機を制御することなどどう考えても無謀だと思ったほうかいいだろう。

 

ナンピン買いを続けられればその内勝てるかもしれない。

 

でも、そうなる先にお金はショートしてしまいます。

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち思い出カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは仕事です。

次のカテゴリは日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30